めちゃつちな感じ

宇宙団Dr.ツチダのブログ。月3回(10、20、30日)更新を目指しているが…。

コロナ禍で発熱したらとても大変だった話

ごぶさたッチです。

 

このコロナ禍、発熱と頭痛症状が出て約一週間、やっと病院に行くことができ、CTをとってもらったところ肺炎症状がなかったため検査には至らず、引き続き自宅療養、今は処方してもらった薬を飲んで安静にしています。

 

手洗い・消毒・咳エチケット、予防方法は溢れていますが、風邪症状が出た時ってどうすれば良いのか、情報が少ないような気がします。(私は風邪の症状がみられたら出勤しないこと、37.5℃以上の熱が4日以上続いたら相談窓口に電話することしかほぼ知らなかった)

 

体験したこと、やっておいた方がよかったと実際に思ったことなど、日に日に状況は変わるし、ニュースで既に見たよということもあるかと思うので役に立つかどうかわかりませんが、書いておこうと思います。

あと念のため、これはPCR検査の結果陽性だった人が書いたわけじゃないのでその点ご了承ください。この時期に発熱症状があった人の体験や、思ったことです。

体験したこと

①つながらない保健所

発熱から4日目、最寄りの保健所に営業開始直後から電話するも全然繋がらない。掛け直して掛け直して1時間半後にやっとつながりました。(後から知人に聞いた話だと、やはり保健所は電話が引っ切り無しに鳴っていて、回線ゲキパンク状態だそう。大変そうです。)

こちらから症状(38度前後の発熱症状、頭痛と寒気。呼吸器系症状はあまりない。大きく息を吸い込むと痛む、味覚嗅覚は異常なし…など)を詳細に伝え、いくつか保健所の方からの質問(陽性患者とここ2週間で接触はあったか、海外渡航はしたか、三密の場所へ行ったか、会食はしたかなど。因みに私はいずれも該当していなかった。)に答えたところ、「まずはかかりつけ医や近くの病院で受診してください。」とのこと。住所を伝えると、近くの医療機関の名前と電話番号をいくつか教えていただきました。 

 

②発熱患者は診てもらえないことがほとんど

保健所の方に紹介してもらった医療機関は、町の診療所やクリニックといったようなところ。電話して「発熱が続いていて保健所に連絡したところ、まずは近くの医療機関で、ということだったので」と伝えると、いずれも「申し訳ないがうちでは今、発熱患者さんをみることはできない。」というお返事でした。

たしかに、コロナウイルスに感染している人が来院して、他の人へうつってしまったら大変なので、もっともなことです。さらに、どの看護師さんも本当に申し訳なさでいっぱいそうにしていて、「ご飯ちゃんと食べて、お大事にしてくださいね!」と言ってくださいました。

しかし『病院での受診を断られる』という経験がはじめてだったので、少なからずショックでしたし、どうすればよいのか、このまま熱が下がらなかったらどうしよう。。と、途方に暮れてしまいました。本当に今大変な状況なんだなあ。。と熱でぼんやりした頭で思ったのでした。

 

この保健所医療機関→NGの流れを2回(発熱から4日目と6日目)やったのですが、体力的にも精神的にも結構落ち込みます。

検査はおろか、受診すらできないとは。。

2回目のやりとりでは、保健所に「病院に発熱患者は診れないと言われた」と伝えたところ、発熱患者も診ている近くの病院ということで、2つ紹介していただいたのですが、一つは脳神経外科なので行っても。。という感じ。もう一つはデカめの総合病院で外来もやっていましたが、電話したところNGでした。ありゃ。。保健所も手一杯かと思いますし、日に日に病院の対応も変わっていると思うので、仕方ないと思いますが。。

因みにPCR検査は、どうしても陽性患者の濃厚接触者が優先となるとのことでした。

 

③初診からオンライン診療がコロナ収束まで解禁!調べるが

「病院に行けず困っている人が多く、オンライン診療が初診でも解禁されたらしい」とありがたい情報提供があったため、調べてみました。しかし、導入している病院は少なく、その病院のリストは厚労省が現在取りまとめ中。さらに風邪かコロナかの鑑別は、症状からではできないということなので、私のような発熱者がこれを利用できる望みは薄そうでした

通院している人が、いつもの薬の処方箋をもらいたい、しかし感染リスクを避けるためにオンライン診療を利用する、などは、とても良さそうです。

www.mhlw.go.jp

 

④知人からアドバイスを受けて病院へ行けることに

このまま自宅でパブロンを飲み続けて治るまで待つか。しかし職場の復帰はどう判断すればよいのだろう?と悶々としていたら、「◯◯に住んでいるのだったら、この病院だとどうか。発熱と一般で外来の時間を分けている」と知人が教えてくれました。翌日、病院へ電話してみると、看護師さんが「発熱続いてると不安ですよね」と言ってくださり、その後詳細に電話問診。結果、発熱外来の時間に診れるので来てくださいとのこと。「やっと診てもらえる。。」と少し安心しました。自宅から結構離れていましたが、歩いて行ける距離だったので歩いて向かいました。病院に着くと、SF映画のような防護服の先生と看護師さんが。冒頭にも書きましたが、CTもとってもらい異常なし。コロナの可能性は低いとして薬を渡されて帰りました。ただ、可能性はゼロとも言えないので、人との接触は症状が治るまで極力しないこと、と念を押されました。「少なくとも発熱症状ある人は検査できればいいのにね。不安だよね。でも絶対治るからね!大丈夫だよ。ご飯食べて、よく寝てね!」看護師さんは優しく励ましてくれました。処方された薬を飲むと症状がかなり落ち着きます。

因みに患者と接触しないよう徹底されていて、保険証や現金もビニール袋に入れてのやりとり。お釣りはビニール袋のまま渡されました。

 

元気なうちにやっておくべきこと

以下、元気なうちにやっておいた方が良いなあと個人的に思うことを書きます。

 

①頼れる人を探しておく

自宅療養(待機)するにあたっては、食品や飲料の入手ルートを確保しておくことがとっても重要です。特に飲料は大事です。私は現時点で2リットルのペットボトル麦茶を56本消費しています。

自宅療養中はもちろんスーパーやコンビニへは行けません。同居人がいる人は、同居人(/自分)がコロナウイルスに感染、またはその疑いがある場合は、自分(/同居人)も家から出られません。

食品や飲料を届けてくれるような頼れる人を探しておくと良いと思います。徒歩圏内の近所の人や、車を持っている人が良いでしょう。

私は幸い実家がそこまで遠くなかったため、親が車でゼリー飲料やら食パンやらを届けてくれました。接触がないよう、玄関に置いてもらって、回収するスタイルをとっています。

頼れる人がいない場合は、Amazonやネットスーパーなどをうまく活用するのが良いと思います

 

②近くに外来病院があるか調べておく

熱などがある中、スマホで病院の情報を調べるのはかなり苦です。また、いざ発熱して病院で診てもらおうと思っても、私のようになかなか診てくれる病院が見つからないパターンがほとんどだと思います。

近くに大きめの外来病院があるか調べておくと良いと思います。発熱患者と一般患者とで時間帯を分けている病院だと尚良いです。病院のホームページに、大体、新型コロナに伴う外来の対応について記載されていると思うので、参考にしてください。

ただ、その病院で院内感染が起きてしまうと、外来を停止してしまうことがあります。この状況下、住んでいる地域のニュースはこまめにチェックした方が良いです。

 

③不足しそうな日用品は買っておく

例えばティッシュが残り一箱とか、ボディソープや洗剤が1/3以下しか無いとか。

過度に買い占めるのは周囲に大変迷惑をかけますが、過少ストックも長い自宅待機期間ではかなり困ります。無駄なストレスをなくすためにも、少しはストックがあったほうが良いです。

 

もし発熱したら。それが続いたら

①記録を詳細に残しておく

基本のキですが、体温や症状、風邪薬を飲む場合はいつから飲み始めたか、いつ飲んだか、や、食べたものなど事細かに記録しておいた方が良いです。医療機関等に連絡する際にすぐ説明することができるので。体温は測った時間も書いておくと良いです。

②食事・睡眠

食欲無くても何らかは食べた方が良いです。バランスも考えたらなおよいです。あと睡眠と水分はしっかりとる、こまめに換気する、など これは予防にも言えることですが

③風邪薬は「イブプロフェン」が含まれないものを

ネットニュースでもありましたが、コロナだった場合症状を悪化させることがあるので、「イブプロフェン」が成分に含まれているものは服用しない方が良いです。「アセトアミノフェン」が主成分のものであれば問題ないようです。

news.yahoo.co.jp

 

④熱が4日以上(持病がある人や妊娠している人は2日)続いたら、まずは帰国者・接触者相談センターへ連絡を

※5/13追記  現在は、「37.5度以上の発熱が4日間」というのは撤廃されています!!体調不良を感じたら相談してください!

 

医療機関のホームページをみると、「まずは帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口。以下『相談センター』)へ」の記載があると思います。また医療機関に電話した際に必ず聞かれるのが、相談センターへ連絡したかということです。「していない」と答えると相談センターへ誘導されることになると思うので、やはりまずは相談センターへ連絡するのが良いかと。症状や状況によっては、最初から検査に回してもらえるかもしれません。

相談センターへ連絡した結果、「まずは医療機関へ~」との回答であれば、相談センターから紹介してもらった医療機関または2-②で調べておいた発熱外来をやっている医療機関に電話連絡してみるのが良いと思われます。

 

www.mhlw.go.jp 

⑤かかりつけ医がいる場合は相談?

私は引っ越してからかなり元気だったため、近所で受診したことのある病院がない状態でした。かなりマイッタ。。内科でかかりつけのお医者さんがいる場合は、相談してみるのも良いかと。コロナ外来紹介してくださいというのも手のようです。

 

使用したサービス

LINEの使用したサービスを紹介します。気休めにはなるかと思います。

厚労省の「スマホでお医者さん相談」

新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」を友だち追加すると使用できるサービスです。医師にLINEで相談できます。もちろん、診断はしてくれませんが、判断材料の一つになります。また、「スマホでお医者さん相談」に限らず、さまざまな情報を得ることができます。

◆友だち追加

in.ee

トーク画面

f:id:tsuchichan:20200417185133j:plain

 

②東京都新型コロナ対策パーソナルサポート

こちらは東京都が運営しているアカウントですが、アンケートに答えると、その回答をもとに必要な情報を案内してくれます。また症状がある場合は、何日かおきに状況確認の連絡が来ます。

WHOが示した最新の情報なども、リンク付きで来たりします。

◆友だち追加

lin.ee

 ◆トーク画面

f:id:tsuchichan:20200417185346j:plain

f:id:tsuchichan:20200417185426j:plain

 

最後に

個人的経験から書いたことですが、同じように辛い経験をされている方や、不安に思われている方のお役に立てれば幸いです。

 

私の場合はコロナの可能性は低いとのことでしたが、もはやいつどこでコロナに感染するかわからない状況になっているなあと思います。

 

風邪症状が出ると、想像以上に大変ですし、精神的に結構参ります。正しい予防をしっかりして、外出を控えることができる方は本当に極力外出を控えて欲しいと思います。

医療に従事している方には頭が上がりません。

コロナウイルスで苦しむ人がはやく0になって欲しいです。

 

それと、NHKのサイトがまとまっていて見やすかったです。

 

www3.nhk.or.jp

 

長くなりましたが最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

快復しつつあるので、早くこのまま元気になって仕事やオンライン飲み会をしたいです。

連絡をくれた方とても励みになりました。ありがとうがいっぱいです💐

では🌸