めちゃつちな感じ

宇宙団Dr.ツチダのブログ。月3回(10、20、30日)更新を目指しているが…。

クソミーハーが競馬場に行ってみた。

競馬場に行った。


むかし父親に連れていかれて、屈強そうなおじさんたちに囲まれてレースをぼーっと眺めていたりしたものであった。

それと、グラスワンダーという馬がすごく好きで子どもながらに応援していた。

中学に入ってから以降は、たまに母親がテレビで中継をみている姿をみる、っていうレベルで、全然離れていたが…。

機会があったので東京競馬場に行ってきた。

 


一言で感想をまとめると、

ディープな世界で火傷したぜ。。

 

 

以下、大人になった自分の競馬デビューの記録です。


ちょっとカッコつけてスポーツ新聞を駅の売店で購入し、リュックにイン、おれはこれから競馬場に向かうのだ、と気分を高める。

しかし、京王競馬線に乗ると、屈強そうなおじさんが気だるそうにスポーツ新聞を広げはじめたので、こんなアマめなやつがスポーツ新聞なんて広げられんわ、殺られる、と萎縮しているうちに府中競馬正門前駅についた。

 


電車を降りると、家族づれから、ミーハーそうな人から、屈強そうなおじさん、さまざまな層が競馬場に向かってズラズラと進んでいく。この人たちの目的がみんな競馬なのが、すごい。

 


入口に着くと、入場券を買う列がずらり。入場券の購入にみなさんほんの3秒もかけていなくて、みなさん器用だわ、ボーッとしていたら本当に殺られる、あわわ小銭がねえや、ってもたついてしまいながら入場券を購入し、やっと中に入った。

 


「競馬場ってきれいで意外とファミリー向けなんですよ〜」って人から聞いてはいたが、思ったよりも全然きれいだし広いしここはディズニーランドかよ!って思った。

フードコートや子どもが遊べそうなところやバーとかもあって、入場200円で一日中楽しめるの、郊外のイオンやディズニーランドは真っ青だな、とか思いながらコースへ向かう。

f:id:tsuchichan:20200223224320j:image


この日は本当に晴れていたのでまぶしくてサングラス持って来れば良かったなあとフラフラしていると、第6レースがはじまる!

馬券買うのは間に合わないので、予想を立てようと、買ったスポーツ新聞じゃなくてスマホでチェックするわたくし。あれれ。

人気とか血統とかコースとか関係なく、名前で決めよう!勝つのはボヘミアラプソディ』『ジェイケイエース』だろうと予想を立てる。

前者はなぜ『ン』を省略したのかが不明。『ン』を省略しなければ君は立派なクイーンやで。

『ジェイケイエース』はJKのエースってなんだトップオブギャルか、って感じがしたので。

しかしレースはクイーンが7着、ギャルは9着だった。

駄目じゃん!!馬券買ってなくて良かった。

 


これは、名前だけ見てたら当然ダメだわ、本腰入れよ!とスポーツ新聞を広げるも、ちゃんと読もうとすると読み方難しすぎる。。暗号ですかこれは。

奮闘していたら一緒に行った方が読み方を教えてくれたのでふむふむしながら頑張って読み解く。ちなみにその方は東京、京都、小倉ほぼ全レースの予想を立てていて忙しそうだった、一気にスポーツ新聞等々を読み解いて予想立てるの頭の回転早すぎだろ。IQいくつだよ。かっけえ。。

 


そんなこんなで、これはこうだから、っていうの半分、直感半分で予想立てて馬券を買ってみることにした。自分で稼いだお金で馬券を買うのは感慨深い。

コースには若い集団も結構いたが、建物の中の、京都や小倉のレースまでモニターで見れるスペースには、「もう毎回一人で来てますが。」「全レース買ったるで。」みたいなコアで屈強そうな人が集っていて、さまざまだった。

 


さて、わたしが最初に買ったのはこれだ!

f:id:tsuchichan:20200223224341j:plain

(馬券、後から自宅で撮ったんだけどこれ競馬場で撮るべきだった)


6番のヤウガウと、10番のメイショウテンスイ!

イケイケドンドン、あほですが最初なので1000円もかけた。

ワイドです。これは、2頭の馬を選んで、どっちも3着以内(順不同)に入ればOK、というもの。

結果は、10が3着、6は6着。ありゃりゃ。外れですねえ。

悔しいからもっとやったるわあ、

 

その次も懲りずにワイドで買った。

f:id:tsuchichan:20200223225815j:plain

これも5が1着、8が8着で外れ。。

 

次はメインレース、盛り上がりがすごい。ギャラリーも報道陣も増え、ファンファーレも鳴り響く。

f:id:tsuchichan:20200223225827j:plain

単勝複勝を買った。

いろいろ見て、うーん、わからないわぁ、となった結果なぜか買った。

両方どん外れです。サンライズできず、ノンコ母ちゃんの夢は叶わず、、。

 

このレースでは、人気のなかった馬さんが2着に入ったみたいで、野次やため息があっちこっち、中にはよっしゃーって喜んでるおじさんもいた。超分析を元に予想を立てても、何があるのかわからない、ふわふわした中で馬に思いとお金を託す人々、「そのまま、そのままぁ!」「あぁ〜だめだあ!!!!」とか喜怒哀楽、なんだかロマンを感じた。わたしはこれまで、音楽とプロレスにたくさんロマンを感じてきた人間だが、どんな世界にも、ロマンを感じる瞬間ってあるのかもしれない、あるのだ、素敵だなあと思った。

 

メインレースで折れたので最終レースは馬券買わず、なんとなく予想を立てるも外れた。ひょろりと帰路についたのだった。

 

さて。

いろいろと外したり、あわあわしたりした大人になってからの競馬デビューだったが、

これは、ちゃんといろいろと調べて予想を立てたら相当に面白いのでは、、と思ったので、リベンジしに行きたい!

そして、コアな人から初心者まで楽しめるように、考え抜かれているなあというのが、クソアマちゃんなわたしの感想。

 

競馬場は、いちばんはじめに書いた、屈強そうなおじさんたち、または指定席を買って優雅に楽しむ、玄人か貴族向けの場所だと思い込んでいたが、売店が充実していたり、初心者向けのセミナー(スポーツ新聞の読み方や馬券の買い方を学べる)をやっていたり、「ウマジョ」とあおって女子でも来やすい雰囲気を作ったり。(京王線の車内でウマジョのCMが流れていて驚いた。)これは、はじめてでも行きやすいかもしれない。。ネットにもいろんなまとめサイトがあるし。きっと競馬を愛している人がこのような土壌をつくっているのでは、と勝手にあれこれ思ったものだった。愛とロマンです。

 

▼初心者向けのセミナー

www.jra.go.jp

▼ウマジョ

umajo.jra.jp 

ただ、本当にディープな世界だなあと感じたので、心して望まないと殺られそう。

 

 

わたしがハマってお金めっちゃ使いそうになったら身近な人は止めてください。

ちゃお。